×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
   
僕の宣伝です!
2013.3.3まぐまぐというところでメール・マガジンを配信する事にしました。内容はジャズ・ピアノをやりたい初心者の為の記事を書いていきます。もし興味がある方は購読(無料です)してね。アドレスはhttp://www.mag2.com/m/0001596946.html
   
   
Steely Dan(スティーリー・ダン)/Black Cow(ブラック・カウ)
Black Cowのコード進行(フル・コーラス)MIDIデータ 
Black Cowのコード進行(フル・コーラス)PDF書類  black_cow_steely_dan.pdf へのリンク 
 
若い時結構ジャズばかり聴き、あまりポップスに興味が無かったのですが、スティーリー・ダンを始めて聴いた時は凄く衝撃を受けました。
フレーズのカッコよさ、曲構成の面白さ、コー ド進行の意外性、オリジナリティ。それまでポップスなんて簡単なコード、単純なメロディなどとバカにしていたのですが(今となっては恥ずかしい限りです)俄然興味を持ち、曲の分析 を始めました。
これが非常に難しく、大変苦労しました。なぜこのコードへ進行するのだろう?とかなぜこのフレーズが突然現れるのだろう?等いろいろ勉強になりました。
このBlack Cowという曲はAja(エイジャ)というアルバムの1曲目に入っています。プレーヤーが素晴らしく(このアルバムには素晴らしいプレーヤーが多く参加しています)ベースのチャック・レ イニーもご機嫌なノリを出しています。最後にテナーサックスのソロが入っていますが、多分トム・スコットではないか思います。
さて曲構成ですが大きく分けるとA(PDF書類では、リハ ーサル・レターのAB)B(PDF書類では、リハーサル・レターのC)、の2つのセクションで構成されています。イントロの雰囲気を引き継いだAセクションはKey of Cを基本としますが繰 り返して戻る前のコードはEbMaj7でこのコードからC7に戻る落差感が素晴らしいです。
一応の分析としては、このEbMajor7はKey of Cでモーダル・インターチェンジ・コードである bIIIMajor7なので繋がることは繋がるのですが、意外性があり面白いです。小節数も変則で7小節(リハーサル・レターA)でくりかえされ(リハーサル・レターB)この部分も意外性がありま す。コード進行ではまずA7、これはDm7へ進行するセカンダリー・ドミナントなのですが、次のコードはDm7のサウンドを少し変えた(リハモナイズした)分数コードAm7/Dになって います。
この分数コードはドミナント7thsus4の時によく用いられますが、マイナー7thコードもテンション音として11th(sus4音と同じ音)を持ち、マイナー7thコードのリハモナイズ・ コードとしても使用できます。
Dm7のコード・サウンド
Am7/D
のコード・サウンド

次も意外性のあるE7(#9)、このコードはKey of Cの関連マイナーであるAマイナーのドミナントであり、手前のDm7とつなげるとAマイナーにおけるサブ ドミナントからドミナント進行を感じさせます。
テンションとして#9thを使用しているので、ブルージーな雰囲気が出ます。このままAmへ進行するかと思ったら、EbMaj7へ進行します 。これはドミナント7thコードが持つ半音下へ進行する力を使用しています。
この時にE7のテンション音#9th(G音)が次のコードEbMaj7のコード・トーンG音と共通の音となっているので スムーズに進行していきます。

Bセクション(リハーサル・レターのC)へはBm7/E(E7sus4)を使用して進行します。
このコードはBセクションのキーであるAメジャーのV7susu4となり ます。最後のリフレイン部分でも使用されるBセクションの最初の4小節も気持ちの良いコード進行となっています。
元となるコード進行はAMaj7(IMajor7th)A7(IVへ進行するセカンダリ ー・ドミナント)D7(IV7、ブルースコードです!)AMajor7thと私は思います。
2つ目と3つ目のドミナント・コードをsus4化(Em7/A,CMajor7/Dは両方ともドミナント7thsus4と考え られる)することにより、明るい雰囲気を与えてくれます。
 
 

4小節目から5小節目にはGMajor7(Key of AでbVIIMajor7)をパッシング・コードとして使用し、F#m7(このキーでのVIm7)に つなげます。
5小節目の3拍目のコードはこのF#m7をリハモナイズしたコードと考えられ(僕はこのリハモナイズ・テクニックをハイブリッド・コードと呼んでいます)すこし雰囲気を変 えたかったのかな?と思っています。
6小節目は7小節目はかなりトリッキーなコード進行です。C#m7/EはE6と記しても良いとは思うのですが、サウンドがAセクションにも出てきたマイ ナーのサブドミナントからドミナント進行(C#m7はKey of G#mではIVm7,D#7(#9)はV7)を感じさせます。
7小節目の最初のコードはE7をsus4化したものでしょう。C#7は次に続く F#m7(このキーでのVIm7)のセカンダリー・ドミナントと考えられます。テンション音がかなり効いています。この2小節はE音を起点に違うリハモナイズをおこなっているように感じま す。
8小節目はリズムに合わせダイアトニック・コードを使った進行です。(VIm7,V7,IVMaj7)次の小節は多分元となるコードはIV7だと思います(IVm7かもしれません)これもsus4化 することにより、サウンドをガラッと変えています。
この先はAセクションに戻るための進行となります。まずはコードを短3度あげ、(この方法は昔からよく使われていたIIm7からIVm7 への進行の延長上にあると思います)次の5度進行してBb、Cへ向かうため平行進行するBを使っています。
エレピのソロセクションはモード手法でアプローチしています。つかうモード はミクソリディアンです。
途中ジャズのセカンド・リフ的な概念でフレーズが2か所入っています。Bbm7やFm7におけるメロディ音(通常の曲ではアボイド・ノートとなる音)などはモー ド的なサウンドを出しています。
かなり話が長くなっているので、ここらへんでおしまいにしますが、この曲も含めてSteely Danのアルバムは今でも僕の宝物になっています。
このページのトップへ
About POPSへ戻る
ホームへ戻る
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Jazz
About Theory About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
 
           
フッターイメージ