×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
   
僕の宣伝です!
2013.3.3まぐまぐというところでメール・マガジンを配信する事にしました。内容はジャズ・ピアノをやりたい初心者の為の記事を書いていきます。もし興味がある方は購読(無料です)してね。アドレスはhttp://www.mag2.com/m/0001596946.html
   
   
The Rose(ローズ)/Bette Midler(ベット・ミドラー)

The Roseのコード進行(フル・コーラス)MIDIデータ 
The Roseのコード進行(ピアノ譜フル・コーラス)PDF書類  the_rose.pdf へのリンク
 
映画「ローズ」のテーマ曲「The Rose」、この映画ではR&Bの名曲「When a man loves a woman」の曲の方が好みですが、この曲も歌手の力がよく出て くる曲です。
歌、ピアノ、バック・コーラスといったシンプルな編成で、曲をドラマチックに盛り上げます。曲構成はA(4小節)A(4小節)B(4小節)A(4小節)で1コーラスとなり、3コーラス歌ってエンディングとなります。
PDFの譜面でのリハーサル・レターがそれぞれのコーラスの頭となります。
各コーラスでのBセクションの終わりでリタルダンドをかけ、区切りを付けているのが興味深いです。Aセクションの基本的なコード進行はリハーサル・レターBのコード進行であると思います。
それに対し。曲の導入部であるAセクションでは2小節目のドミナント・コード(G)をトニック・コードの代理コードであるIIIm7(Em7)に置き換え、転回形の分数コードでベース音を順次進行させているように聴こえます。
ここではピアノ伴奏だけなのですが、ピアノの和声の最下声部の流れがそのように聴かせています。

Aセクション最初の4小節の基本的なコード進行
リハーサル・レターAにおけるコード進行

サビ(曲のBセクション、PDFの譜面ではリハーサル・レターAの9小節目にあたります))も同様な代理がおこなわれています。
本来Em7であるものを、少し緊張感を付けるように、CMaj7/Bへコードを変えています。ここではEm7とCMaj7は同じトニックの機能を有するので、同じ機能上のコードと入れ替えになります。

Bセクションの本来のコード進行

リハーサル・レターAにおけるコード進行

他に気が付いた事があります。
ピアノの演奏上において、通常より低音部(左手)をかなり低めに演奏し、低音域を広くとった演奏により、曲にダイナミクスを与えている事です。なかなか使うことはありませんが、演奏上のアイディアとしては参考になります。

曲の導入部の音域
中高域を使い、静かな雰囲気を作る

1コーラス最後の部分で音域を下げる。
左手のルート音を、オクターブを使いかなり低い音域で提示。全体の音域としては広い音域を使用している。


2コーラス目(リハーサル・レターB)の音域
2コーラス目は先ほどの音域を維持し、演奏する。
3コーラス目の音域とリズム   
3コーラス目の前半部分は曲としてのクライマックスのため、右手のコード弾きの音域も広げ、リズムも細かくし、曲を盛り上げる。
3コーラス目最後のAセクションの音域   
エンディングに向かうセクションとして、イントロ同様、音域を狭め、次第に中高域へ変える。


このページのトップへ
About POPSへ戻る
ホームに戻る
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Jazz
About Theory About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
 
           
フッターイメージ