×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
Passion Dance(パッション・ダンス)/McCoy Tyner(マッコイ・タイナー)

マッコイ・タイナーのリーダー・アルバム、Real McCoy(リアル・マッコイ)の1曲目、Passion Dance(パッション・ダンス)です。僕がこの曲を初めて聞いたのは高校1年生だったと思います。その前から、結構コルトレーンを聴いていたので、マッコイが好きでした。この曲がすごくカッコよく、ジャズ喫茶に行くたびにリクエストしたものでした。僕はこの曲を何回も聞いたことで、初めてモードのアドリブの展開のさせ方について、ひとつイメージ(調性からアウトさせる)を持てるようになりました。言い換えると、この曲のマッコイの演奏から、「アドリブにおいて調性からどの様にアウトさせるか?」というものを学んだ気がします。

Passion Dance(テーマ部分)
Passion Dance(Theme)のScore(Piano/Tenor Sax/Bass)(PDF File) passion_dance_theme_score.pdf へのリンク
Passion Dance(Theme)のMIDI DATA
Passion Dance(Theme)のLead Sheet(PDF File) passion_dance_lead_sheet.pdf へのリンク

アドリブはF ミクソリディアン演奏されるのですが、曲(テーマ)は3種類のモードで作られています。Aセクション(16小節)はFミクソリディアン、Bセクション(8小節)はBbフリジアン、Cセクション(6小節)はEbドリアン最後の2小節はコーダル(Chodal)な進行に変わりBb7、C7(#9)と進行し、Aセクションに戻る形で構成されています。マッコイはAセクションのメロディをテナーのジョー・ヘンダーソンとユニゾンで演奏していますが、フレーズのリズミック・アタック部分でF ミクソリディアンで和声付け(Voicing)しています。ここでのVoicingは通常のコードではなくスケールの音を4度構成で積み上げるテクニック(Voicing in 4th、あるいは4th Voicingと呼ばれています)を使っています。4度構成のVoicingでは単純に4度を積み上げるだけではなく構成音をオクターブ転回させる場合もあり、ここでは右手のみでVoicingをおこなっているようで、このオクターブ転回を使っています。
F Mixolydian Scale
※丸で囲まれている部分がリズミック・アタック部分
 
Bセクションではピアノはメロディを想定し、その下に同様にVoicingしています。モードがBbフリジアンに変わるのでVoicingの構成音が変化します。
V7)
Bb Phrygian Scale
Cセクションの最初の6小節はEbドリアンで作られています。ここではベースとピアノの左手のユニゾン・フレーズでスケールの5度音Bb音を強調し、ペダル・ポイントの効果を出しています。ここでは4度構成の和音を使用せず、従来の3度構成の和音でモードを表現しています。最後の2小節はBb7(Key of FでのIV7)C7(Key of FでのV7)でAセクションに戻ります。
Eb Dorian Scale

Ad-Lib(McCoy Tyner Solo)
       

     
このページのトップへ
About Jazzへ戻る
ホームに戻る
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Pops
About Theory About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
           
フッターイメージ