×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
Augumented7th Chordにおけるテンション音(4)

G+7におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
オギュメント7thコードのテンションは9thの位置にナチュラル9th、11thの位置には♯11th、と2つのテンション音があります。オギュメント7thコードはそのルート音をスタート音とする全音音階(Whole Tone Scale)上に成立するコードです。そのため13thに位置する音がありません。ゆえにテンションは9thの位置と11thの位置にしか存在しないのです。またドミナント7thコードでも、テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多くあります。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作ると、(b13th音は#5音と同じ音になるので)オギュメント7thコードと構成音が同じになります。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
G+7におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
G+7におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
G+7におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
 T9を含んだコード・サウンド T#11を含んだコード・サウンド
   
T9とT#11を含んだコード・サウンド
 
 
G+7におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド  
   
T#11を含んだコード・サウンド   
 
 
G+7におけるテンション音トップへ
調性上におけるオギュメント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Gにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
V+7/I D+7 こちら T9th
E音
T#11th
G#音
それ以外のオギュメント表記があるドミナント・コード T9th
T#11th
 
 
 
G+7におけるテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Ab+7におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
オギュメント7thコードのテンションは9thの位置にナチュラル9th、11thの位置には♯11th、と2つのテンション音があります。オギュメント7thコードはそのルート音をスタート音とする全音音階(Whole Tone Scale)上に成立するコードです。そのため13thに位置する音がありません。ゆえにテンションは9thの位置と11thの位置にしか存在しないのです。またドミナント7thコードでも、テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多くあります。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作ると、(b13th音は#5音と同じ音になるので)オギュメント7thコードと構成音が同じになります。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
Ab+7におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
Ab+7におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
Ab+7におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
 T9を含んだコード・サウンド T#11を含んだコード・サウンド
   
T9とT#11を含んだコード・サウンド
 
 
Ab+7におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド  
   
T#11を含んだコード・サウンド   
 
 
 
調性上におけるオギュメント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Abにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
V+7/I Eb+7 こちら T9th
F音
T#11th
A音
それ以外のオギュメント表記があるドミナント・コード T9th
T#11th
 
 
 
Ab+7におけるテンション音トップへ
 
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

A+7におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
オギュメント7thコードのテンションは9thの位置にナチュラル9th、11thの位置には♯11th、と2つのテンション音があります。オギュメント7thコードはそのルート音をスタート音とする全音音階(Whole Tone Scale)上に成立するコードです。そのため13thに位置する音がありません。ゆえにテンションは9thの位置と11thの位置にしか存在しないのです。またドミナント7thコードでも、テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多くあります。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作ると、(b13th音は#5音と同じ音になるので)オギュメント7thコードと構成音が同じになります。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
A+7におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
A+7におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
A+7におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
 T9を含んだコード・サウンド T#11を含んだコード・サウンド
   
T9とT#11を含んだコード・サウンド
 
 
A+7におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド  
   
T#11を含んだコード・サウンド   
 
 
 
調性上におけるオギュメント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Aにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
V+7/I E+7 こちら T9th
F#音
T#11th
A#音
それ以外のオギュメント表記があるドミナント・コード T9th
T#11th
 
 
 
A+7におけるテンション音トップへ
 
 
 
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る
 
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Pops
About Jazz About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
 
           
フッターイメージ