×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
 
僕の宣伝です!
2013.3.3まぐまぐというところでメール・マガジンを配信する事にしました。内容はジャズ・ピアノをやりたい初心者の為の記事を書いていきます。もし興味がある方は購読(無料です)してね。アドレスはhttp://www.mag2.com/m/0001596946.html
   
 
コードタイプ別テンション・ノート
Tension Notes by Chord Type
 
Major7th Chord(Major6th Chord) 12のKeyのメジャー7th、メジャー6thのテンション音についてはこちら
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) 12のKeyのMinor6thコード、Minor Maj7thコードのテンション音についてはこちら
Minor7th Chord 12のKeyのMinor7thコードのテンション音についてはこちら
Minor7th(b5) Chord 12のKeyのMinor7th(b5)コードのテンション音についてはこちら
Dominant7th Chord 12のKeyのドミナント7thコードのテンション音についてはこちら
Augumented7th Chord 12のKeyのオギュメント7thコードのテンション音についてはこちら
Diminished7th Chord 12のKeyのディミニッシュ7thコードのテンション音についてはこちら
Dominant7th(sus4) Chord  
Tonic(sus4) Chord
About Triad(トライアドについて)  
 

Major7th Chord(Major6th Chord)
テンション7th
テンション9th
テンション#11th
 メジャー7th、メジャー6thコードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション#11th音(ルート音から増11度上、つまりオクターブ+増4度)です。一般に、メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と重複するので、ここではテンション音と扱いません。ここではメジャー7thコードとメジャー6thコードと同一のコードつまり置き換えが可能なコードとして扱います。またメジャー7thコードの構成音であるメジャー7th音(ルート音から長7度)はその音が持つ不安定性を考え、コードの構成音でもあり、テンション音と考えています。
 
C Major7,C6におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド  
 
 
 Major7th Chord(Major6th Chord) Top
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
 
 Major7th Chord(Major6th Chord) Top
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
 Major7th Chord(Major6th Chord) Top
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
T9を含んだコード・サウンド(Maj7)
 
 
T9を含んだコード・サウンド(Maj6) 
 
   
T9とT#11を含んだコード・サウンド
 
 
6thコードにT9とT7を入れたサウンド  
 
 
 
 
 Major7th Chord(Major6th Chord) Top
 
     
ギターでのコードサウンド例 
 
T9を含んだコード・サウンド 
 
 
   
T#11を含んだコード・サウンド 
   
   
Major6thコードにT7を入れたサウンド
メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と同音となります。
   
 
 
 
 Major7th Chord(Major6th Chord) Top
調性上におけるメジャー7th、6thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Cにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
I Maj7 C Maj7 こちら T7th
B音
T9th
D音
IV Maj7 F Maj7 こちら T7th
E音
T9th
G音
T#11th
B音
bII Maj7 Db Maj7 こちら T7th
C音
T9th
Eb音
T#11th
G音
bIII Maj7  Eb Maj7 こちら T7th
D音
T9th
F音
T#11th
A音
bIV Maj7 Ab Maj7 こちら T7th
G音
T9th
Bb音
T#11th
D音
bIIV Maj7 Bb Maj7 こちら T7th
A音
T9th
C音
T#11th
E音
           
 
 
 Major7th Chord(Major6th Chord) Top
 
 
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Minor6th Chord(Minor major7th Chord)
テンション7th
テンション9th
テンション11th
マイナー6th、マイナー・メジャー7thコードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション11th音(ルート音から完全11度上、つまりオクターブ+完全4度)です。マイナー・メジャー7thコードのメジャー7th音は、メジャー・コード同様、コードの構成音であり、テンション音とも考えています。(マイナー6thコードでもテンション音と考えます)
 
C m6,Cm(maj7)におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド  
 
 
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) Top
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) Top
鍵盤図でのテンション音
 
 
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) Top
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
 T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T9を含んだコード・サウンド  
 
   
m6コードにT9とT7を入れたサウンド 
 
   
T11を含んだコード・サウンド 
 
 
 
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) Top
 
     
ギターでのコードサウンド例 
 
T9を含んだコード・サウンド  
 
   
T9を含んだコード・サウンド  
 
   
T11を含んだコード・サウンド  
 
   
T11を含んだコード・サウンド 
 
   
m6コードにT7を入れたサウンド 
マイナー・メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはマイナー6thコードの構成音である6th音と同音となります。
 
 
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) Top
 
調性上におけるマイナー6th、マイナー・メジャー7thコードのテンション 
 
調性上の役割 Key of C、Cmにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
Im6 Cm6 こちら T7th
B音
T9th
D音
T11th
F音
Im(Maj7) Cm(Maj7) こちら T7th
B音
T9th
D音
T11th
F音
IVm6 Fm6 こちら T7th
E音
T9th
G音
T11th
Bb音
IVm(Maj7) Fm(Maj7) こちら T7th
E音
T9th
G音
T11th
Bb音
 
Minor6th Chord(Minor major7th Chord) Top
 
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Minor 7th Chord
テンション9th
テンション11th
マイナー7thコードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション11th音(ルート音から完全11度上、つまりオクターブ+完全4度)です。マイナー7thコードの第6音は、第3音とトライ・トーン(増4度、減5度)を構成し、ドミナント・サウンドを作るため通常テンション音として扱わない。但しドリアン・モードのサウンドを作る時はテンション音として扱う。
Cm7におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 Minor7th Chord Top
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 Minor7th Chord Top
鍵盤図でのテンション音
 
 Minor7th Chord Top
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド 
   
 
T11を含んだコード・サウンド 
 
   
T9とT11を含んだコード・サウンド  
 
 
 Minor7th Chord Top
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド   
 
   
T11を含んだコード・サウンド 
 
 
 Minor7th Chord Top
調性上におけるマイナー7thコードのテンション 
調性上の役割 Key of Cにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
I m7
(Modal Interchange Chord)
C m7 こちら T9th
D音
T11th
F音
IIm7 D m7 こちら T9th
E音
T11th
G音
IIIm7 E m7 こちら T11th
A音


IV m7
(Sub Dominant Minor Chord)
 F m7 こちら T9th
G音
T11th
Bb音
V m7(Minor)
(Modal Interchange Chord)
G m7 こちら T11th
C音
V m7
(C DorianからのModal Interchange Chord)
同上 同上 T9th
A音
T11th
C音
 
V m7
(C MixolydianからのModal Interchange Chord)
同上 同上 T9th
A音
T11th
C音
VI m7 A m7 こちら T9th
B音
T11th
D音
 
 Minor7th Chord Top
 
 
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Minor7th(b5) Chord
テンション9th
テンション11th
テンションb13th
マイナー7th(b5)コードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション11th音(ルート音から完全11度上、つまりオクターブ+完全4度)、テンションb13音(ルート音から短13度上、つまりオクターブ+短6度)です。マイナー7th'b5)コードのテンション9th音は、通常調性上にない場合は使用しません。

Key of Cでの例
調性上の音
   
Cm7(b5)におけるテンション音(Tはテンション音の略)
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
Minor7(b5)におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
Minor7(b5)におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
Minor7(b5)におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
 キーボードでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T11を含んだコード・サウンド 
 
  
   
Tb13を含んだコード・サウンド  
 
   
T9とT11を含んだコード・サウンド
 
   
T9とTb13を含んだコード・サウンド
 
 
 
T11とTb13を含んだコード・サウンド
 
 
 
Minor7(b5)におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T11を含んだコード・サウンド 
 
   
Tb13を含んだコード・サウンド 
 
 
 
Minor7(b5)におけるテンション音トップへ
調性上におけるマイナー7th(b5)コードのテンション 
調性上の役割 Key of Cにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
IIm7(b5)Major Key
Subdominant Minor Chord
D m7(b5)
in C Major Key
こちら T9th
E音
T11th
G音
Tb13th
Bb音
IIm7(b5)Minor Key D m7(b5)
in C Minor Key
同上 T9th
無し
T11th
G音
Tb13th
Bb音
#IV m7(b5)  F# m7(b5) こちら T9th
無し
T11th
B音
Tb13th
D音
#IV m7(b5) (to IVm) F# m7(b5)
to Fm
同上 T9th
G#音
T11th
B音
Tb13th
D音
VII m7(b5) Bm7(b5) こちら T9th
無し
T11th
E音
Tb13th
G音
Related m7(b5)
(2ndary Dom,Extended Dominantに進行する)
T9th
無し
T11th
有り
Tb13th
有り
 
 
Minor7(b5)におけるテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Dominant7th Chord
テンション9th   テンション13th
テンションb9th テンション#11th  
テンション#9th   テンションb13th
ドミナント7thコードのテンションは9thの位置に♭9th、ナチュラル9th、♯9th、11thの位置には♯11th、13thの位置には♭13th、ナチュラル13thと6つのテンション音があります。ヴォイシングとして♭9tあるいは♯9thは同時に存在できるが、ナチュラル9thは他の9thのテンション音と同時には存在できません。
テンションb9と#9が
同時に存在するVoicing
ナチュラル9thと#9thが同一Voicing上に存在し、
コード・サウンドを濁している例
 
   
同様に♭13th、ナチュラル13thは同時には存在できません。(テンション・サウンドが濁ってしまう)ただ位置が違えば、例えば♭9thとナチュラル13thという場合などは問題はない。また♯11th、♭13thというテンションが存在する場合5度音を省略することによりよりテンションサウンドがはっきりと聴こえてきます。
 
C 7におけるテンション音(Tはテンション音の略)
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
ドミナント7thにおけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
ドミナント7thにおけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
ドミナント7thにおけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
キーボードでのコードサウンド例
 
 T9とT13を含んだコード・サウンド 
 
 
T9とTb13を含んだコード・サウンド  
 
   
 Tb9とTb13を含んだコード・サウンド 
 
 
   
T#9とTb13を含んだコード・サウンド  
 
   
 T9,T#11,T13を含んだコード・サウンド 
 
   
Tb9とT#11を含んだコード・サウンド  
 
 
 
ドミナント7thにおけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド 
   
Tb9を含んだコード・サウンド 
   
T#9を含んだコード・サウンド 
   
T#11を含んだコード・サウンド 
   
T#11を含んだコード・サウンド(5度音を省略したもの) 
テンション#11thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成する場合もある。ため、サウンドが濁る事がある。b9th(短2度)音程を構成しない場合も、T11th音を明確に出すため5度音を省略することが多い。#11th音はb5音と同じ音になるのでドミナント7th(b5)という表記で書かれる場合もある。
   
Tb13を含んだコード・サウンド
テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多い。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作る。b13th音は#5音と同じ音になるのでオギュメント7thコードと構成音が同じになる。
   
T13を含んだコード・サウンド 
 
 
ドミナント7thにおけるテンション音トップへ
調性上におけるドミナント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Cにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音  
V7/I G7 こちら T9th
A音
T13th
E音
 
V7/II A7  こちら Tb9th
Bb音
T#9th
C音
Tb13th
F音
 
V7/III B7 こちら Tb9th
C音
T#9th
D音
Tb13th
G音
 
V7/IV C7 こちら T9th
D音
T13th
A音
 
V/V D7 こちら T9th
E音
T13th
B音
 
V7/VI E7 こちら Tb9th
F音
T#9th
G音
Tb13th
C音
 
bVII7(Sub-Dominant Minor) Bb7 こちら T9th
C音
T#11th
E音
T13th
G音
 
subV7/I Db7 こちら T9th
Eb音
T#11th
G音
T13th
Bb音
 
subV7/II Eb7 こちら T9th
F音
T#11th
A音
T13th
C音
 
subV7/IV Gb7 こちら T9th
Ab音
T#11th
C音
T13th
Eb音
 
subV7/V Ab7 こちら T9th
Bb音
T#11th
D音
T13th
F音
 
I7(Blues Chord)  C7 こちら T#9th
Eb音
     
IV7(Blues Chord)  F7 こちら T9th
G音
T#11th
B音
T13th
D音
 
VII7(to Tonic) B7 こちら Tb9th
C音
T#9th
D音
T#11th
F音
Tb13th
G音
 
 
ドミナント7thにおけるテンション音トップへ
 
 
 12のKeyのドミナント7thのテンション音について
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Augumented7th Chord
テンション9th
テンション#11th
 
オギュメント7thコードのテンションは9thの位置にナチュラル9th、11thの位置には♯11th、と2つのテンション音があります。オギュメント7thコードはそのルート音をスタート音とする全音音階(Whole Tone Scale)上に成立するコードです。そのため13thに位置する音がありません。ゆえにテンションは9thの位置と11thの位置にしか存在しないのです。またドミナント7thコードでも、テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多くあります。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作ると、(b13th音は#5音と同じ音になるので)オギュメント7thコードと構成音が同じになります。
       
Tb13は5度音とb9th(短2度)音程を構成する   濁りを解消するために、5度音を省略する。
 
ドミナント7th(b13)はオギュメント7thコードと構成音が同じになる。
参考
C7(b13)コードで想定されるスケール
   
C+7におけるテンション音(Tはテンション音の略) 
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
オギュメント7thコードにおけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
オギュメント7thコードにおけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
オギュメント7thコードにおけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
キーボードでのコードサウンド例 
 
T9を含んだコード・サウンド  T#11を含んだコード・サウンド
   
T9とT#11を含んだコード・サウンド
 
 
 
 
オギュメント7thコードにおけるテンション音トップへ
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド  
 
 
   
T#11を含んだコード・サウンド  
 
 
 
オギュメント7thコードにおけるテンション音トップへ
調性上におけるオギュメント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Cにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
V+7/I G+7 こちら T9th
A音
T#11th
C#音
それ以外のオギュメント表記があるドミナント・コード T9th
T#11th
 
 
 
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Diminished7th Chord
各コード・トーンの全音上
 
ディミニッシュ・7thコードのテンションは通常、テンション9th,11th等のように度数表記はしない。しかしここでは、便宜上ルート音の全音上を9th、3度音の全音上を11th、5度音の全音上をb13th、7度音の全音上をメジャー7thとして説明します。
 
本来のテンション表記例(C dim7)
 
ここでの便宜上のテンション表記例(C dim7)
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
Diminished Chordにおけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
便宜上のテンションで表記しています。 
 
 
 
Diminished Chordにおけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
便宜上のテンションで表記しています。 
 
 
 
Diminished Chordにおけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
キーボードでのコードサウンド例
 
 T9を含んだコード・サウンド  T11を含んだコード・サウンド  
   
Tb13を含んだコード・サウンド  T7を含んだコード・サウンド 
 
 
 
 
 Diminished Chordにおけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド  
   
T11を含んだコード・サウンド  
   
Tb13を含んだコード・サウンド    
   
T7を含んだコード・サウンド    
 
 
Diminished Chordにおけるテンション音トップへ
調性上におけるオギュメント7thコードのテンション
 
ディミニッシュ・コードは2つのダイアトニック・コードをつなぐパッシング・コード、あるダイアトニック・コードへ進行するアプローチ・コード、トニック・コード、ドミナント・コードに水平的に(同じルート音で)繋ぐオグゼアリィ・コード、あるいはドミナント7th(b9)コードの代用として現れる事が多い。注意点としては、上行するパッシング・コードと下行するもの、水平的なものでは使用できるテンション音が異なる。基本的には、その調性上に現れる場合、使用できると考えてよい。
 
参考
Key of C Passing ChordのChord Scale
 
Key of Cm Passing ChordのChord Scale
 
調性上の役割 Key of Cにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
(便宜上ルート音の全音上を9th、3度音の全音上を11th、5度音の全音上をb13th、7度音の全音上をメジャー7thとして説明します。)
Idim7(to Imajor7th) C dim7 こちら T9th音
D音
T11th音
F音
Tb13音
Ab音
T7th(Major7th)音
B音
Vdim7(to V7) G dim7 こちら T9th
A音
T11th
C音
Tb13音
Eb音
T7th(Major7th)音
F#音
#Idim7(to IIm7) C# dim7 こちら T9th音
無し
T11th音
無し
Tb13th
A音
T7th(Major7th)
C音
#IIdim7(to IIIm7) D# dim7 こちら T9th音
無し
T11th音
無し
Tb13th
B音
T7th(Major7th)
D音
bIIIdim7(to IIm7) Eb dim7 こちら T9th
F音
T11th音
Ab音
Tb13th
B音
T7th(Major7th)
D音
#Vdim7(to IVm7) G# dim7 こちら T9th音
無し
T11th音
無し
Tb13th
E音
T7th(Major7th)
G音
#IVdim7(to V7,I/5th) F# dim7 こちら T9th音
無し
T11th
無し
Tb13th
D音
T7th(Major7th)
F音
VIIdim7(to Im6) B dim7 こちら T9th音
無し
T11th音
無し
Tb13th
G音
T7th(Major7th)
Bb音
bVIdim7(to I/5th) Ab dim7 こちら T9th音
無し
T11th音
無し
Tb13th
E音
T7th(Major7th)
G音
 
Diminished Chordにおけるテンション音トップへ
 
 
 
このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る
 
 
 
フッターイメージ