×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
Dominant7thコードにおけるテンション音(2)

D7におけるテンション音
 
ドミナント7thコードのテンションは9thの位置に♭9th、ナチュラル9th、♯9th、11thの位置には♯11th、13thの位置には♭13th、ナチュラル13thと6つのテンション音があります。ヴォイシングとして♭9tあるいは♯9thは同時に存在できるが、ナチュラル9thは他の9thのテンション音と同時には存在できません。同様に♭13th、ナチュラル13thは同時には存在できません。(テンション・サウンドが濁ってしまう)ただ位置が違えば、例えば♭9thとナチュラル13thという場合などは問題はない。また♯11th、♭13thというテンションが存在する場合5度音を省略することによりよりテンションサウンドがはっきりと聴こえてきます。
 
   
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
D7におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
D7におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
 
D7におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9とT13を含んだコード・サウンド
 
 
 
T9とTb13を含んだコード・サウンド
 
   
Tb9とTb13を含んだコード・サウンド 
 
 
T#9とTb13を含んだコード・サウンド
 
   
T9,T#11,T13を含んだコード・サウンド 
 
 
Tb9とT#11を含んだコード・サウンド 
 
 
 
D7におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド 
   
Tb9を含んだコード・サウンド 
   
T#9を含んだコード・サウンド 
   
T#11を含んだコード・サウンド  
   
T#11を含んだコード・サウンド(5度音を省略したもの)
テンション#11thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成する場合もある。ため、サウンドが濁る事がある。b9th(短2度)音程を構成しない場合も、T11th音を明確に出すため5度音を省略することが多い。#11th音はb5音と同じ音になるのでドミナント7th(b5)という表記で書かれる場合もある。
   
Tb13を含んだコード・サウンド 
テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多い。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作る。b13th音は#5音と同じ音になるのでオギュメント7thコードと構成音が同じになる。 
   
T13を含んだコード・サウンド 
 
 
D7におけるテンション音トップへ
調性上におけるドミナント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Dにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音  
V7/I A7 こちら T9th
B音
T13th
F#音
 
V7/II B7 こちら Tb9th
C音
T#9th
D音
Tb13th
G音
 
V7/III C#7 こちら Tb9th
D音
T#9th
E音
Tb13th
A音
 
V7/IV D7 こちら T9th
E音
T13th
B音
 
V/V E7 こちら T9th
F#音
T13th
C#音
 
V7/VI F#7 こちら Tb9th
G音
T#9th
A音
Tb13th
D音
 
bVII7(Sub-Dominant Minor) C7 こちら T9th
D音
T#11th
F#音
T13th
A音
 
subV7/I Eb7 こちら T9th
F音
T#11th
A音
T13th
C音
 
subV7/II F7 こちら T9th
G音
T#11th
B音
T13th
D音
 
subV7/IV Ab7 こちら T9th
Bb音
T#11th
D音
T13th
F音
 
subV7/V Bb7 こちら T9th
C音
T#11th
E音
T13th
G音
 
I7(Blues Chord)  D7 こちら T#9th
E#音
     
IV7(Blues Chord)  G7 こちら T9th
A音
T#11th
C#音
T13th
E音
 
VII7(to Tonic) C#7 こちら Tb9th
D音
T#9th
E音
T#11th
G音
Tb13th
A音
 
 
D7におけるテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Eb7におけるテンション音
 
ドミナント7thコードのテンションは9thの位置に♭9th、ナチュラル9th、♯9th、11thの位置には♯11th、13thの位置には♭13th、ナチュラル13thと6つのテンション音があります。ヴォイシングとして♭9tあるいは♯9thは同時に存在できるが、ナチュラル9thは他の9thのテンション音と同時には存在できません。同様に♭13th、ナチュラル13thは同時には存在できません。(テンション・サウンドが濁ってしまう)ただ位置が違えば、例えば♭9thとナチュラル13thという場合などは問題はない。また♯11th、♭13thというテンションが存在する場合5度音を省略することによりよりテンションサウンドがはっきりと聴こえてきます。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
 
Eb7におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
Eb7におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
Eb7におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9とT13を含んだコード・サウンド
 
 
T9とTb13を含んだコード・サウンド
 
   
Tb9とTb13を含んだコード・サウンド 
 
 
T#9とTb13を含んだコード・サウンド
 
   
T9,T#11,T13を含んだコード・サウンド 
 
 
Tb9とT#11を含んだコード・サウンド 
 
 
 
Eb7におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド 
   
Tb9を含んだコード・サウンド 
   
T#9を含んだコード・サウンド 
   
T#11を含んだコード・サウンド  
   
T#11を含んだコード・サウンド(5度音を省略したもの)
テンション#11thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成する場合もある。ため、サウンドが濁る事がある。b9th(短2度)音程を構成しない場合も、T11th音を明確に出すため5度音を省略することが多い。#11th音はb5音と同じ音になるのでドミナント7th(b5)という表記で書かれる場合もある。
   
Tb13を含んだコード・サウンド 
テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多い。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作る。b13th音は#5音と同じ音になるのでオギュメント7thコードと構成音が同じになる。 
   
T13を含んだコード・サウンド 
 
 
Eb7におけるテンション音トップへ
調性上におけるドミナント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Ebにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音  
V7/I Bb7 こちら T9th
C音
T13th
G音
 
V7/II C7 こちら Tb9th
Db音
T#9th
D#音
Tb13th
Ab音
 
V7/III D7 こちら Tb9th
Eb音
T#9th
E#音
Tb13th
Bb音
 
V7/IV Eb7 こちら T9th
D音
T13th
A音
 
V/V F7 こちら T9th
G音
T13th
D音
 
V7/VI G7 こちら Tb9th
F音
T#9th
G音
Tb13th
C音
 
bVII7(Sub-Dominant Minor) Db7 こちら T9th
Eb音
T#11th
G音
T13th
Bb音
 
subV7/I Fb7 こちら T9th
Gb音
T#11th
Bb音
T13th
Db音
 
subV7/II Gb7 こちら T9th
Ab音
T#11th
C音
T13th
Eb音
 
subV7/IV A7 こちら T9th
B音
T#11th
D#音
T13th
F#音
 
subV7/V Cb7 こちら T9th
Db音
T#11th
F音
T13th
Ab音
 
I7(Blues Chord)  Eb7 こちら T#9th
Gb音
     
IV7(Blues Chord)  Ab7 こちら T9th
Bb音
T#11th
D音
T13th
F音
 
VII7(to Tonic) D7 こちら Tb9th
Eb音
T#9th
E#音
T#11th
G#音
Tb13th
Bb音
 
 
Eb7におけるテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

E7におけるテンション音
 
ドミナント7thコードのテンションは9thの位置に♭9th、ナチュラル9th、♯9th、11thの位置には♯11th、13thの位置には♭13th、ナチュラル13thと6つのテンション音があります。ヴォイシングとして♭9tあるいは♯9thは同時に存在できるが、ナチュラル9thは他の9thのテンション音と同時には存在できません。同様に♭13th、ナチュラル13thは同時には存在できません。(テンション・サウンドが濁ってしまう)ただ位置が違えば、例えば♭9thとナチュラル13thという場合などは問題はない。また♯11th、♭13thというテンションが存在する場合5度音を省略することによりよりテンションサウンドがはっきりと聴こえてきます。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
E7におけるテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
E7におけるテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
E7におけるテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9とT13を含んだコード・サウンド
 
 
T9とTb13を含んだコード・サウンド
 
   
Tb9とTb13を含んだコード・サウンド 
 
 
T#9とTb13を含んだコード・サウンド
 
   
T9,T#11,T13を含んだコード・サウンド 
 
 
Tb9とT#11を含んだコード・サウンド 
 
 
 
E7におけるテンション音トップへ
 
     
ギターでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド 
   
Tb9を含んだコード・サウンド 
   
T#9を含んだコード・サウンド 
   
T#11を含んだコード・サウンド  
   
T#11を含んだコード・サウンド(5度音を省略したもの)
テンション#11thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成する場合もある。ため、サウンドが濁る事がある。b9th(短2度)音程を構成しない場合も、T11th音を明確に出すため5度音を省略することが多い。#11th音はb5音と同じ音になるのでドミナント7th(b5)という表記で書かれる場合もある。
   
Tb13を含んだコード・サウンド 
テンションb13thをコードに含める場合、5度音とb9th(短2度)音程を構成するため、サウンドが濁る事が多い。濁りを解消するために、5度音を省略し、コード・サウンドを作る。b13th音は#5音と同じ音になるのでオギュメント7thコードと構成音が同じになる。 
   
T13を含んだコード・サウンド 
 
 
E7におけるテンション音トップへ
調性上におけるドミナント7thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Eにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音  
V7/I B7 こちら T9th
C#音
T13th
G#音
 
V7/II C#7 こちら Tb9th
D音
T#9th
E音
Tb13th
A音
 
V7/III D#7 こちら Tb9th
E音
T#9th
F#音
Tb13th
B音
 
V7/IV E7 こちら T9th
F#音
T13th
C#音
 
V/V F#7 こちら T9th
G#音
T13th
D#音
 
V7/VI G#7 こちら Tb9th
A音
T#9th
B音
Tb13th
E音
 
bVII7(Sub-Dominant Minor) D7 こちら T9th
E音
T#11th
G#音
T13th
B音
 
subV7/I F7 こちら T9th
G音
T#11th
B音
T13th
D音
 
subV7/II G7 こちら T9th
A音
T#11th
C#音
T13th
E音
 
subV7/IV Bb7 こちら T9th
C音
T#11th
E音
T13th
G音
 
subV7/V C7 こちら T9th
D音
T#11th
F#音
T13th
A音
 
I7(Blues Chord)  E7 こちら T#9th
G音
     
IV7(Blues Chord)  A7 こちら T9th
B音
T#11th
D#音
T13th
F#音
 
VII7(to Tonic) D#7 こちら Tb9th
E音
T#9th
F#音
T#11th
A音
Tb13th
B音
 
 
E7におけるテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る
 
フッターイメージ