×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
Major7,Mjor6コードにおけるテンション音(2)

D Major7,D6におけるテンション音
メジャー7th、メジャー6thコードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション#11th音(ルート音から増11度上、つまりオクターブ+増4度)です。一般に、メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と重複するので、ここではテンション音と扱いません。ここではメジャー7thコードとメジャー6thコードと同一のコードつまり置き換えが可能なコードとして扱います。またメジャー7thコードの構成音であるメジャー7th音(ルート音から長7度)はその音が持つ不安定性を考え、コードの構成音でもあり、テンション音と考えています。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド  
 
 
D Major7、D 6のテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
D Major7、D 6のテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
 
D Major7、D 6のテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド(Maj7)
 
   
T9を含んだコード・サウンド(Maj6) 
 
   
T#11を含んだコード・サウンド 
 
   
メジャー7thコードに6th,T9,T#11を入れたコード・サウンド 
 
 
 
D Major7、D 6のテンション音トップへ
     
ギターでのコードサウンド例 
 
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T#11を含んだコード・サウンド 
 
   
Major6thコードにT7を入れたサウンド
メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と同音となります。
 
 
 
 
D Major7、D 6のテンション音トップへ
調性上におけるメジャー7th、6thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Dにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
I Maj7 D Maj7 こちら T7th
C#音
T9th
E音
IV Maj7 G Maj7 こちら T7th
F#音
T9th
A音
T#11th
C#音
bII Maj7 Eb Maj7 こちら T7th
D音
T9th
F音
T#11th
A音
bIII Maj7 F Maj7 こちら T7th
E音
T9th
G音
T#11th
B音
bIV Maj7 Bb Maj7 こちら T7th
A音
T9th
C音
T#11th
E音
bIIV Maj7 C Maj7 こちら T7th
B音
T9th
D音
T#11th
F#音
 
 
D Major7、D 6のテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

Eb Major7,Eb6におけるテンション音
メジャー7th、メジャー6thコードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション#11th音(ルート音から増11度上、つまりオクターブ+増4度)です。一般に、メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と重複するので、ここではテンション音と扱いません。ここではメジャー7thコードとメジャー6thコードと同一のコードつまり置き換えが可能なコードとして扱います。またメジャー7thコードの構成音であるメジャー7th音(ルート音から長7度)はその音が持つ不安定性を考え、コードの構成音でもあり、テンション音と考えています。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド  
 
 
 
Eb Major7、Eb 6のテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
Eb Major7、Eb 6のテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
 
Eb Major7、Eb 6のテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド(Maj7)
 
   
   
T9を含んだコード・サウンド(Maj6) 
 
   
T9とT#11を含んだコード・サウンド  
 
   
メジャー7thコードに6th,T9,T#11を入れたコード・サウンドサウンド  
 
 
 
Eb Major7、Eb 6のテンション音トップへ
     
ギターでのコードサウンド例 
 
T9を含んだコード・サウンド 
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T#11を含んだコード・サウンド 
 
   
Major6thコードにT7を入れたサウンド
メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と同音となります。
 
 
 
Eb Major7、Eb 6のテンション音トップへ
調性上におけるメジャー7th、6thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Ebにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
I Maj7 Eb Maj7 こちら T7th
D音
T9th
F音
IV Maj7 Ab Maj7 こちら T7th
G音
T9th
Bb音
T#11th
D音
bII Maj7 Fb Maj7 こちら T7th
Eb音
T9th
Gb音
T#11th
Bb音
bIII Maj7 Gb Maj7 こちら T7th
F音
T9th
Ab音
T#11th
C音
bIV Maj7 Cb Maj7 こちら T7th
Bb音
T9th
Db音
T#11th
F音
bIIV Maj7 Db Maj7 こちら T7th
C音
T9th
Eb音
T#11th
G音
 
 
Eb Major7、Eb 6のテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る

E Major7,E6におけるテンション音
メジャー7th、メジャー6thコードのテンション音はテンション9th音(ルート音から長9度上つまりオクターブ+長2度)、テンション#11th音(ルート音から増11度上、つまりオクターブ+増4度)です。一般に、メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と重複するので、ここではテンション音と扱いません。ここではメジャー7thコードとメジャー6thコードと同一のコードつまり置き換えが可能なコードとして扱います。またメジャー7thコードの構成音であるメジャー7th音(ルート音から長7度)はその音が持つ不安定性を考え、コードの構成音でもあり、テンション音と考えています。
 
 
コード・サウンドとそれぞれのテンション音のサウンド
 
 
 
E Major7、E 6のテンション音トップへ
ギター用TAB譜でのテンション音表記
 
 
 
E Major7、E 6のテンション音トップへ
鍵盤図でのテンション音
 
 
 
 
E Major7、E 6のテンション音トップへ
Tension音を含んだコード・サウンドの例
 
キーボードでのコードサウンド例
 
T9を含んだコード・サウンド(Maj7)
 
 
T9を含んだコード・サウンド(Maj6)
 
 
T9、T#11を含んだコード・サウンド 
 
 
メジャー7thコードに6th,T9,T#11を入れたコード・サウンドサウンド 
 
 
 
E Major7、E 6のテンション音トップへ
     
ギターでのコードサウンド例 
 
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T9を含んだコード・サウンド 
 
   
T#11を含んだコード・サウンド 
 
   
Major6thコードにT7を入れたサウンド
メジャー7thコードでテンション13thと呼ばれるものはメジャー6thコードの構成音である6th音と同音となります。
 
 
 
E Major7、E 6のテンション音トップへ
調性上におけるメジャー7th、6thコードのテンション
 
調性上の役割 Key of Eにおける
コード・ネーム
 
コードの構成音 テンション音
I Maj7 E Maj7 こちら T7th
D#音
T9th
F#音
IV Maj7 A Maj7 こちら T7th
G#音
T9th
B音
T#11th
D#音
bII Maj7 F Maj7 こちら T7th
E音
T9th
G音
T#11th
B音
bIII Maj7 G Maj7 こちら T7th
F#音
T9th
A音
T#11th
C#音
bIV Maj7 C Maj7 こちら T7th
B音
T9th
D音
T#11th
F#音
bIIV Maj7 D Maj7 こちら T7th
C#音
T9th
E音
T#11th
G#音
 
 
E Major7、E 6のテンション音トップへ
 
 
このページのトップへ
コード・タイプによるテンション音へ戻る
About Theoryへ戻る
ホームに戻る
 
フッターイメージ