×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
 
僕の宣伝です!
2013.3.3まぐまぐというところでメール・マガジンを配信する事にしました。内容はジャズ・ピアノをやりたい初心者の為の記事を書いていきます。もし興味がある方は購読(無料です)してね。アドレスはhttp://www.mag2.com/m/0001596946.html
   
 
Diatonic Chord(ダイアトニック・コード)
 
通常メロディを聴くとある調性を(スケール)感じる。言い換えると、基本的にメロディというものはあるスケールから成り立っているものである。メロディにコードをつける基本は、そのメロディが成立するスケールに存在する、コードをあてはめることからスタートする。一般的なコードは、スタート音(Root音と呼ばれる)を決め、上方に3度構成で重ね、三和音(トライアド)四和音(7th&6thChord)が成立する。ダイアトニック・コードとは、そのスケール上の各音をスタート音として、スケールの構成音を使い、上方に3度構成で重ね、作られる。


Key of CMajorのダイアトニック・コード   
 Triad
   
   
7th Chord   
 
   
Diatonic Chord(Major key)の表 diatonic_chord_major.pdf へのリンク 
Diatonic Chord(Minor Key)の表 diatonic_chord_minor.pdf へのリンク
Diatonic(Major)12Keys  
Diatonic(Minor)12keys  
 
Tonic(トニック)SubDominant(サブドミナント)
Dominant(ドミナント)
スケールから成立するダイアトニック・コードは、そのスケールの性格に影響される。メジャースケールの場合、そのスケール上の第4音と第7音はその調性上、非常に不安定(聴き取りにくい、捉えにくいという感覚)な音なので、安定感(聴き取り易い、捉えやすいという感覚)のある音へ動こうとする意識が人間にはある。これを「解決する」あるいは「進行する」という言い方で音楽では使用している。
   
 
  

この2つの音はメジャー・スケールに成立するダイアトニック・コードにも影響を与え、第4音を持つIIm7、IVMaj7(IV、IV6)第4音、第7音を持つV7(V)、VIIm7(b5)は他の安定感を持つコードへ進行しようとする力(機能)が働く。IIm7、IVMaj7(IV、IV6)はサブドミナント機能を持つコード、V7(V)、VIIm7(b5)はドミナント機能を持つコードと呼ばれている。それに対し安定感を持つコード(狭義の意味ではI)I、IIIm7(IIIm)、VIm7(VIm)はトニック機能を持つコードと呼ばれている。

マイナーキー・では第7音についてはメジャー・キーと同様であるが、第4音より第6音(b6th音)がマイナーの特性を備え進行感を持つ。

   
  
   

よってb6th音を持つIIm7(b5)、IVm(IVm(Maj7)、IVm6)、bVII7、bVIMaj7、bIIMaj7(このコードは同じ主音を持つフリジアン・スケールからモーダル・インターチェンジされたコード)第6(b6th)音、第7音を持つV7(b9)(V)、VIIdim7は他の安定感を持つコードへ進行しようとする力(機能)が働く。つまり前者はサブドミナント・コード。後者はドミナント・コード。である。それに対し安定感を持つコード(
狭義の意味ではIm、Im6、Im7、Im(Maj7)、のみ)、VIm7(b5)、bIIIMaj7、bIII+(Maj7)はトニック機能を持つコードと呼ばれている。

メジャー・キーにおけるトニック、サブドミナント、ドミナントコード表  function_of_daiatonic_chord.pdf へのリンク
マイナー・キーにおけるトニック、サブドミナント、ドミナントコード表  function_of_diatonic_chord_minor.pdf へのリンク 
Tonic、SubDominant、Dominant in Major(12Keys)
Tonic、SubDominant、Dominant in Minor(12Keys)

このページのトップへ
About Theoryへ戻る
ホームに戻る
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Pops
About Jazz About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
 
           
フッターイメージ