×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
僕の宣伝です!
2013.3.3まぐまぐというところでメール・マガジンを配信する事にしました。内容はジャズ・ピアノをやりたい初心者の為の記事を書いていきます。もし興味がある方は購読(無料です)してね。アドレスはhttp://www.mag2.com/m/0001596946.html
   
   
The Closer I Get to You/Roberta Flack&Donny Hathaway

Roberta Flackの他の曲 Donny Hathawayの他の曲 
Feel Like Makin' Love Where Is The Love?
Tonight, I Celebrate My Love   
Where Is The Love?  

The Closer I Get to Youのコード進行(フル・コーラス)MIDIデータ
The Closer I Get to Youのコード進行(フル・コーラス)PDF書類 the_closer_i_get_you.pdf へのリンク
 
Roberta FlackとDonny Hathawayのデュエット曲「The Closer I Get to You」です。
非常にシンプルな曲です。
曲構成としてはAB形式で単純に3コーラス繰り返され、最後にAセクションを使いフェイド・アウトで終わらせています。コード進行もシンプルです。
Aセクションでは、トニックとサブドミナントの繰り返しを基本とし、アクセント付けにトニックの代理コードであるIIIm7とVIm7をトニックに向かう橋渡し役として使っています。
通常ではこのような場合、ドミナント機能を持つコード、たとえばV7sus4のようなものがよく使われるのですが、ここでは、トニックの代理を使い、面白い雰囲気を出しています。
それにはトニックやサブドミナントをトライアドではなくメジャー7thコードにしているのも一役買っているのではないかと、私は考えます。

<通常よく使われるコード進行>

Bセクションはバラード曲のサビとして、よく現れるコード・パターンです。
基本はAセクションとは逆にサブドミナントからトニックへの進行で、サブドミナントへ向かう時に、橋渡し役として、セカンダリー・ドミナントであるV7/IV(ここではA7というコード)そのコードに付随するリレイティッド・IIマイナーth(Related IIm7)-ここではEm7というコードを使っています。
Bセクション最後のダイアトニック・コードが下行する進行もよく使われる進行です。


参考資料
Key of A Majorのダイアトニック・コード
このページのトップへ
About POPSへ戻る
ホームに戻る
 
フッターイメージ