×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
Tonight, I Celebrate My Love/ Peabo Bryson & Roberta Flack(ピーボ・ブライソンとロバータ・フラック)

Roberta Flackの他の曲 Peabo Brysonの他の曲 
Feel Like Makin' Love Beauty and the Beast
Where Is The Love? A Whole New World 
The Closer I Get to You  
 
この曲のコード進行(フル・コーラス)MIDIデータ 
この曲のコード進行(フル・コーラス)PDF書類  tonight_i_celebrate_my_love.pdf へのリンク 

ロバータ・フラックとピーボ・ブライソンの80年代にヒットしたデュエット曲、Tonight, I Celebrate My Love です。
このようなバラード曲では、イントロをどの様にして作るかに悩みますが、この曲ではAセクション冒頭のメロディをイントロとして使っています。冒頭のメロディを使用するバラード曲は一般的ですが、それゆえ何かメロディに人を惹きつける魅力が必要です。
ここではエレピ(これも一般的ではあるのですが)を使用し、比較的高めの音域で演奏されています。和声的には一音一音に和声付けされ、メロディ音(最上声部)と最下声部の動きを印象的にしています。
これがこの曲のイメージのポイントとなり、しっかりとした曲になっています。
 
曲構成としてはAABABで進行します。
構成の掴みとしては、2回目のA(PDF書類ではリハーサル・レターB)を8+2小節という変則的な小節数にし、曲にタメを作り、サビを効果的に盛り上がらせています。
もちろん2回目は、(PDF書類ではリハーサル・レターDですが)普通の小節数8小節に戻しています。まぁ、アレンジとしては通常の考え方なのですが、効果的なことをやる場合、その効果をつけるポイントは最小限にとどめておく、つまり何回も出さない、という考え方に基づいていると思います。

サビは定番の形であるサブドミナントから入ります。サブドミナント(IV)からトニックの代理コード(IIIm7)の繰り返しが最初に現れますが、変化をつけるため、IVへ進行するセカンダリー・ドミナント(このキーでのEb7)、そのリレーティドIIm7であるBbm7を使用しています。
その時代のサウンドの流行りであるsus4系のサウンドにするため、このBbm7を分数コードBbm7/Ebに変えているのも特徴的です。
最後にこれもバラード曲では定番のように現れるサブドミナント(Ab Maj7)サブドミナント・マイナー(Abm(maj7)が効果的に使われています。
 

参考資料
Key of Eb Majorのダイアトニック・コード
このページのトップへ
About POPSへ戻る
ホームに戻る
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Jazz
About Theory About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
 
           
フッターイメージ