×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
 
Carol King(キャロル・キング)/Will You Love Me Tomorrow?(ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロウ?)

Carol Kingの他の曲 
So Far Way
It's too late
You've got a friend
この曲のコード進行(フル・コーラス)MIDIデータ 
この曲のコード進行(フル・コーラス)PDF書類  will_you_love_me_tomorrow.pdf へのリンク

キャロル・キングのアルバム、Tapestryの中の1曲です。
テンポも揺れ、気持ちが乗ってきて、だんだん速くなってくるところなど、きっちりと作られれている曲と違い、手作り感が出て、気持ちの良い曲です。
曲構成はABABC形式で、ほとんどのコードが、ダイアトニック・コードを使用してのコード進行となります。
ノン・ダイアトニック・コードはBセクション(リハーサル・レターB)とCセクションの後半、(リハーサル・レターDの6小節目)に現れます。ここで現れてくるものは、音楽理論でセカンダリー・ドミナントと呼ばれるドミナント・コードです。
セカンダリー・ドミナントとはI、VIIm7(b5)以外のダイアトニック・コード(IIm7、IIIm7、IVMaj7、V7、VIm7)に5度進行で解決するドミナント・コードです。

Bセクションでのセカンダリー・ドミナント
Cセクションでのセカンダリー・ドミナント

Bセクション、Cセクションで現れるセカンダリー・ドミナント・コードはそれぞれ違う性格のセカンダリードミナントです。
Bセクションで現れるセカンダリー・ドミナントはダイアトニック・コードでもマイナー系のコード(IIm7、IIIm7、VIm7ーここではIVm7へ進行する)に進行するもの、Cセクションの後半のもの(リハーサル・レターDの6小節目)はメジャー系のコード(IVMaj7、V7ーここではV7)に進行するものです。
マイナー系のコードに向かうドミナントはよりマイナー感が強調され、メジャー系に向かうものはメジャー感が強調されます。
(特にこのコードのようにV7に向かうドミナント、V7/Vは明るく感じます)

マイナー系のダイアトニック・コードへ進行するセカンダリー・ドミナント
(V7/VI)
そのコードから聴こえてくるスケール
メジャー系のダイアトニック・コードへ進行するセカンダリー・ドミナント
(V7/V)
そのコードから聴こえてくるスケール 

この曲でドミナント7th(sus4)をピアノの押さえ方により分数コード表記を変えています。曲中に現れるF/G、Dm7/GはG7(sus4)コードです。
ピアノの観点からいえばこのような分数コード表記の方が弾きやすい、テンション音を入れやすいという利点があります。Dm7/Gはテンション9th入れたVoicing、F/Gはテンション9thが入り、コード・トーンの5度音が省略されたものとなります。

ピアノのバッキングのテクニックとしてコードを演奏する時そのコードから想定されるスケール(コード・スケール)上のトライアドを抜き出し、組み合わせて演奏するものがあります。キャロルもそのテクニックをよく使いますが、
ここでは曲の最後の部分(リハーサル・レターH)のトニック・コード、CMaj7での演奏を紹介します。このコードでのコード・スケールはC Ionian ScaleつまりCのメジャー・スケールです。


このスケール上に出来るトライアドF、Gを抜き出し組み合わせ、バッキングのフレーズとして演奏されています。
このテクニックに使用されているトライアドはメジャーあるいはマイナー・トライアドが使用され、ディミニッシュ・トライアドはサウンドがはっきりしないので使用しません。

似た形でリハーサル・レターB、Fの7小節目、Gの3小節目に現れるF/C-Cという進行が現れますが、この進行はトニック(sus4)からトニックへの進行と考えています。
ピアノはC(sus4)-Cと進行しているのですが、コーラス・パートの男声ヴォーカルがA音からG音へと動いているので、コード進行をF/C-Cと記しました。
本当はC(sus4)からCと記すべきだったかもしれません。

参考資料
Key of Cのダイアトニック・コード
このページのトップへ
About POPSへ戻る
ホームに戻る
 
Home About My Works About My Room About Piano Practice About Music Lesson About Music DVD About Jazz
About Theory About Music Try Ear Training Live Information Link My Students&Friends Contact Me Blog
Composition of
My Students
 
           
フッターイメージ